わっかはずしリベンジ

以前にも紹介したことがある、チェーンのわっかはずし技
本来なら、切らなければはずせないチェーンを、BD-1系自転車の場合わっかのままはずせます。
昨日それをようやく再チャレンジしました。
今回は、その取り外し方をレポします(^-^)

1.まず、後輪タイヤをはずします。
f0030659_1183046.jpg



2.続いて、フロントスプロケットの上にある、チェーン脱落防止ピンをはずします。
f0030659_119357.jpg



3.そして、リアディレーラのテンションプリーをはずします。
f0030659_1194268.jpg

前回はこの時点で、ケージ(ディレーラのアーム)の爪に阻まれて断念しました。
実はこの爪、プリーを挟む2枚のケージをガイドプリーの軸を中心に、左右にずらせば簡単に回避できました。
こんな簡単な事に気づかず、さっさとあきらめた自分が恥ずかしい・・・( ̄。 ̄;A
なお、プレートを左右にずらすと、ガイドプリーのネジが緩んでしまうので、最後に締め付けを忘れないようにした方が良いと思います。


4.今回は、ガイドプリーもはずして、テンションプリーとガイドプリーの洗浄もしました。
ガイドプリーもはずすと、ディレーラのケージは完全に2枚に分かれます。
f0030659_1201351.jpg


これでめでたくチェーンがわっかのままはずれます。
そして、念願の灯油でジャブジャブ洗いが出来ました\(⌒▽⌒)/
洗い立ては、ピカピカ光って気持ちがいい~( ̄ー ̄)
f0030659_1204759.jpg



取り付けは、この手順の逆を行えば良いと思います。
ちなみに、自分はディレーラのプリーの組みつけに少々てこずりました(チェーンの架け方に悩んで・・・)
組み付けは少々慣れが必要??(^-^;A


チェーンを洗浄するだけでも、漕ぎが1速分軽くなるので良いですね。
しかも、プリーの回転音が「チャリチャリ」から「チリチリ」に変わるので、それだけでも軽やかになります(笑)

この方法は、チェーンを切らなくて済む事と、ついでにプリーも洗える事。
1ヶ月に1度とまでいかなくても、3ヶ月に1回ぐらいはチェーンとプリーをジャブジャブ洗っておきたいですね(^-^)
[PR]
by coo-yam | 2006-06-05 01:27 | メンテナンス
<< birdyのタイヤ 1000キロ達成!! >>