ブレーキシュー交換

購入して早半年とちょっと経過した我がパシフィックですが、ブレーキシューがそろそろ限界にきたので交換しました。
これが初の消耗品交換です。
距離にするとおそらく4000キロ目での交換。途中からサイクルメータをつけたので正確な距離は分かりません・・・(^-^;A

f0030659_1231865.jpg


パシフィックに標準で装着しているブレーキシューはTEKTOROのシュー(写真右側)で、全て交換するタイプ。
なので、どうせならという事でシマノの小径車向けのコンポであるCapreoのシュー(写真左側)にしました。
Capreoのシューは、アールのきつい小径車にあう様、シューの幅が狭いのが特徴です。
それと、Capreoのシューになるとゴムだけの交換になるので、前後セットで2600円程度かかっておりますが、次回からは安くなるはずです(^-^;A

早速、月曜からこのシューで出勤していますが、最初の印象は今までシューと比べてガツンっと利くタイプではないなぁ~という感じです。
ブレーキのかけ始めはそれほど強くかからないのですが、強くかけだすとググッっと利いてくる感じです。
ただ、フロントとリアで印象が違うので、もしかすると取り付けた時の調整の差なのかも知れません。
ここはまた改めて調整しなおしたいと思ってます。

f0030659_1234030.jpg

最後に上の写真ですが、今までついていたシューの上がリアで下がフロント。
明らかにリアのシューの磨耗が激しい。

ここの解説によると、荷重のかかるフロントのブレーキを上手に使えば短い距離で止まれるそうです。
リアの磨耗が激しいということは、挙動が不安定になるのを嫌ってリアブレーキばかりを使っている証拠。
自分の乗り方は、ママチャリ的発想の乗り方で、あまり好ましい乗り方とはいえないです。( ̄。 ̄;)

乗り手の癖って、こんな風に消耗品に現れてしまうものですね(^-^;A
[PR]
by coo-yam | 2006-08-18 13:38 | メンテナンス
<< 最後の夏休み 心がけている事 >>