我が家のポンプ事情

気がつけば、もう2月半ば。
(そして、気がつけば今年に入ってエントリー1回・・・汗)
まだまだ寒い日々が続いてますが、元気で自転車通勤は続けてます(^-^;A

さて、今回の話題は我が家のポンプ(空気入れ)の話です。
去年A-Bikeを購入し、ついに3種類の口(英式、米式、仏式)がそろった我が家の自転車達。
そんな、バルブ達に立ち向かう我が家のポンプ環境はこんな感じです。

f0030659_12365356.jpg
・百均ポンプ(写真左)
  対応口:英式(アダプタにより米式)
  対象 :ママチャリ、A-Bike(?)

・フロアポンプ(写真中央)
  対応口:仏式
  対象 :パシフィック

・携帯ポンプ(写真右)
  対応口:仏式、米式
  対象 :パシフィック、A-Bike(?)



明らかに、パシフィックだけが手厚い環境( ̄▽ ̄;A
特にA-Bikeは、百均ポンプは容量が足りず、携帯ポンプはバルブ口が大きい為、事実上規定の80psiを入れる環境がありません。
しかも、百均ポンプは最近調子が悪く、ママチャリでさえもなかなか空気が入りずらくなってきている始末。(⌒~⌒;A

「これじゃいかーん!」という事で、全ての口をフロアポンプでまかなえるよう、こんなアイテムを作ってみました。
f0030659_12365354.jpg


「英→仏式」変換アダプターです。
バルブの変換アダプターは、「仏→英式」もしくは「米→英式」の変換アダプターは数多くありますが、「英→仏式」の変換アダプターは需要が無いためか存在しません。
素直にヒラメポンプ口の英式対応口を購入しても良かったのですが、それじゃつまらないのでアダプターを自作してみました。

作り方は簡単で、仏口は不要となったチューブから仏式口を金鋸で切り出し、英式口は百均ポンプの口を(根性で?)外して流用しています。
そして、取り出した口をそれぞれチューブの先に差込みバンドで固定。
これだけです(^-^)

チューブは当初、百均のチューブをそのまま流用しようとしましたが、仏式口を入れようとするとボロボロに裂けて使い物にならならず・・・
仕方がなので、ホームセンターのエアツールコーナーで売っていたエアツール用のホースを使用しました。

さて、早速英式チューブに使ってみると・・・
f0030659_12365368.jpg
特に空気漏れも起こさず、サクサクと楽に数回で空気が入ります。
当然ですが、百均ポンプよりこっちの方が断然らくですね!(^ー^)



f0030659_12365371.jpg
そして、続いて米式バルブ。米式バルブは、百均付属の「米→英式」変換アダプタを使用します。
こちらは若干空気が漏れますが、正確ではないですが規定の80psi程度まで入り、まずまず使えます。
さらに口が細いので、A-Bikeの様な特殊な口でも、バルブ口に負荷をかけずに入れられますね( ̄ー ̄)



そんな訳で、我が家のポンプ環境問題も一件落着。
費用もチューブの数十円程度の出費だったので、費用対効果としてはかなり満足のアイテムとなりました!(^-^)

ちなみに、このアイテムがどれぐらいの圧力まで耐えられるか保障致しかねますので、真似する際は自己責任にてお願いしますm(_ _)m
・・・って、真似する人がいるかわかりませんが・・・(^-^;A

そして最後にもう一つ、新しいアイテムを紹介。
ついに今週より自転車ヘルメットをデビューしました。
買ったものはこちら、BELLのCITI 2008年モデルです。
f0030659_2345345.jpg


ぽたQさんの所でも紹介されてましたが、今年のBELL CITIのカラーリングはオサレなカラーリングが増え、ますます街中に似合うようになった気がします。
そんな中で自分が選んだカラーリングは、茶系で攻めてるパシフィックに合わせ「マットセピアクレスト」。
異色のCITIのカラーリングの中でも、マットな茶色に昇り竜(?)の柄が施され、なかなか渋いカラーリング。
結構、ダークサイドな雰囲気もかもし出しているんじゃないでしょうか(^-^;A

そういえば、パシフィックにしろ普段の洋服にしろ、結構茶系が多いですね・・・(;¬_¬)
[PR]
by coo-yam | 2008-02-14 12:57 | メンテナンス
<< サイクルライト・プチリメイク 初!2008 >>