カテゴリ:カメラ( 5 )

続・おじいちゃんのカメラ

f0030659_22323266.jpg

新年度に入ってバタバタと忙しい日々をすごしておりますが、なんとか久々のアップです(^-^;)A


さて、シャッター不動の不具合を持っていたおじいしゃんのカメラ、ミノルタハイマティック。
ついに修理が完了して、通勤途中の風景を撮影してみました(^-^)

か~~~~なりシーズンは過ぎ去ってしまってますが、桜の風景です(^-^;A




f0030659_2233082.jpg


f0030659_22333321.jpg


最初の2枚は、新河岸川沿いにさく桜。通勤で最初に出向かう桜たちです。
ここは、比較的人通りも少ない道なので、花見として穴場な場所かもしれませんね。

f0030659_2234897.jpg


次の写真は、以前紹介した「板橋」に咲く桜。
奥に見える橋が板橋区の名の由来「板橋」です。
ここは、夜になるとこのシーズンだけ桜にライトアップされ、夜はまた違った幻想的な景色になります。


f0030659_2234346.jpg


そして最後は、板橋駅から西巣鴨に抜ける桜並木です。
ここが唯一、デフォルトルートで抜ける桜並木になります。
桜並木はこの他に、ちょっと寄り道すれば東京駅から高島屋まで抜ける並木街道があったのですが、そちらはうっかり失念。
機会があれば、また来年紹介したいと思います。(たぶん・・・きっと・・・)

おそらく三十数年ぶりに復活したおじいちゃんカメラ。
ペトリのシャッター音は「ガシャ!」っという少々重たい感じの音ですが、こちらは「カシュ」っという軽い音。なんだか癖になりそうな軽やかな音です(^^)

初めて扱うレンジファインダですが、これがなかなか難しい・・・
ピントをあわせるのにペトリの倍ぐらいの時間をかけてしまいます(^^;)
今じゃ当たり前についているオートフォーカスは、本当はすごくすばらしい機能なんですね・・・( ̄~ ̄;)

写真の仕上がりも思ってた以上にしっかり撮れ、アナログの独特な雰囲気(?)もしっかり出ている気がします。

なかなかのお気に入りカメラになりました(^^)
[PR]
by coo-yam | 2008-05-22 00:03 | カメラ

Vista

っといってもWindowsの事ではなく、AGFAというメーカーのフィルムです(^-^;A
f0030659_15385377.jpg

このフィルムはとある雑貨屋にて手に入れたフィルムです。
当初は、AGFA Vistaフィルムについてあまり知識がなかったのですが、

「久々に入荷しました。数量限定です。」

っという言葉に、ついついつられて買ってしまいました。
「限定」って言葉に弱い・・・( ̄▽ ̄;A

後で色々と調べてみると、このAGFAというドイツのメーカーのフィルムは、コントラストの高い模写が特徴で、特にトイカメラユーザーに人気のフィルムだとか。
今では生産が中止されたらしく(最近、再生産された??)、普通のカメラ屋さんではあまり見かけないフィルムです。
で、このフィルムをどっちのカメラに使うか思案中ですが、なんとなくおじいちゃんカメラ(Minolta HI-MATIC)の方が適任ではないかと思っているところです。(⌒~⌒;A
もっとも、おじいしゃんカメラは今まで撮った事がないので、どんな模写力があるのか分かりませんが・・・(^-^;A

そんなおじいしゃんカメラですが、先々週ようやっと修理に出して無事に帰還しました。
修理を依頼したのは銀座にある「三共カメラ」というクラシックカメラ専門店。
ネット上で修理を依頼する事も考えたのですが、初めて手にするレンジファインダーのカメラで、対面で色々と聞きたかったのでこちらにお願いしました。
対応してくれた店のおじさんは、気さくな感じのいい人で、こちらにお願いして正解だったかもしれません(^-^)

で、このおじいちゃんカメラを修理を依頼するとき・・・

「これかぁ~、修理1万ぐらいかかっちゃってもったいないけどいいの?」
「ペトリV6? そっちの方を修理したほうがいいよ。」

と、言われてしまいました(汗)
どうやらおじいちゃんカメラのMinolta HI-MATICは、クラシックカメラ業界ではそんなに価値のあるものではないようです(^-^;A

早速、修理が上がったおじいちゃんカメラにフィルムを詰めて、現在撮影中。
AGFA Vistaフィルムは貴重なフィルムなので、とりあえず普通の富士フィルムを詰めて仕上がりを見極めるつもりです。
さて、どんな仕上がりになるか、今から楽しみ。
これが銀塩ならではの楽しみですね!(^-^)
[PR]
by coo-yam | 2008-03-21 20:29 | カメラ

おじいちゃんのカメラ

すっかり並木通りも色づいて、通勤時の目の保養になっている今日この頃。
今年は、急に寒さが増したお陰か、去年より発色がとてもいい気がしますd(´ー`)
そんな並木通りの中でも特に綺麗に見えるのが、白山通りの銀杏並木たち。
特に、神保町から水道橋にかけての夜の風景が、繁華街の光のライトアップで鮮やかな黄色を引き立てて、なんともいえない感じの幻想的な雰囲気です。
思わずパシャリと写真を撮りたくなってしまいますね。(携帯カメラでですが・・・(^-^;A)
f0030659_16451936.jpg

(白山通りの銀杏並木@携帯カメラ)


さて、写真といえば以前紹介しかけた下のクラシックカメラ。
このカメラは、この前、ばぁちゃんの家に遊びに行ったときにペトリカメラの話をしたら、

「そういえばおじいちゃんの古いカメラがあったねぇ~」
「おばぁちゃんが持っててもしょうがないから持ってお行き、おじいしゃん多分喜ぶだろうから・・・」

と、言うことでそのまま貰ったカメラです。
じいちゃんは既に14年前に他界し、言ってみればこれは形見のカメラになりますね(´- `)

f0030659_073662.jpg


このカメラは、ミノルタ・ハイマティックという1961年製のコンパクトカメラ。
なんでも、アメリカの有人宇宙飛行計画のマーキュリー計画で、初めて宇宙船にのったカメラらしいです。
フォーカスはマニュアルですが露出はオートなので、ペトリよりは幾分か簡単かも??

そして、個人的に面白いと思ったのはそのフォーカスの合わせ方。
通常の一眼レフの場合、被写体の像がくっきりした時がフォーカスが合った状態だと分かりますが、このカメラの場合、ファインダーの中心に見えるひし形にフォーカス対象を合わせると、二重像が見えるので、それを合わせる(二重像に見えなくする)ことでフォーカスを合わせる仕組み。この方式をレンジファインダーというそうです。
当時のコンパクトカメラでは当たり前の仕掛けだったのかもしれないのですが、自分にとっては初めて見る仕掛けなので新鮮で面白いですね(^-^)

f0030659_22142843.jpg

(上がピントが合った状態、下がピントが合ってない状態)



そういえば、ばぁちゃん曰く、

「おじいちゃんが撮るとピントがボケて、まともに写ったためしがないのよ~」

なんて言ってたのですが、もしかするとこのフォーカスの合わせ方を知らなかったのかな?おじいちゃん・・・(^-^;A

そんなおじいちゃんの形見カメラですが、どうやらシャッターの故障、正確にはごちゃごちゃいじっているうちに壊してしまい、写す事ができません。
じいちゃんの形見なので、どんな写りになるか見てみたかったのですが残念です・・・
ちなみに最近ペトリカメラも調子が悪く、シャッター幕が閉まりきらない事が多々あり、おそらく何枚か失敗しているかも・・・(;+_+)

はて・・・これらクラシックカメラを修理するとしたら、一体何処へ・・・
そしていくらかかる事やら・・・( ̄~ ̄;)
[PR]
by coo-yam | 2007-12-10 22:38 | カメラ

ペトリカメラその後

前回、ふとしたことから手に入れたクラシック一眼レフのペトリV6ですが、ようやく1本撮り終え、現在2本目のフィルムが入ってます。
とはいえ、被写体(娘)が実家に行ってしまったため、撮る機会をさらに失ってフィルムが進まない今日この頃ですが・・・( ̄▽ ̄;A

さて、数十年ぶりに復活したこのカメラでの実力はと言うと・・・やはりフルマニュアルだけあって、露出の失敗が多々ありました。

f0030659_23351232.jpg


しかし、心配していたホコリの映り込みなどは無く、なかなか満足のいく仕上がり(^-^)
あとは、構図のとり方のセンスをどう磨いていくか・・・(^.^;A
そんな初作品ですが、なかでも特にお気に入りの一枚がこの写真です。

f0030659_17255745.jpg


最近、ディズニープリンセスの影響でドレス大好き3歳児のわが娘。
この日も、ばぁば(自分の母親)にもらったスカートを着て、ドレスのように長いスカートか何度もチェックしてました(笑)
そんな、瞬間が撮れた気がするこの一枚は、何度見ても飽きません(´ー`)

多分、他人がこの写真を見ても、きっと「ふ~ん」ってぐらいの写真かもしれませんが、まぁ~自己満足って事で・・・f(^-^; ポリポリ

なにはともあれ、出産が落ち着いたらこれを持ってポタに出かけてみたいですね。
芸術(+食欲)の秋ですから・・・( ̄ー ̄)ニヤ...
そうそう、それと・・・・

f0030659_073662.jpg


こちらの話はまた次回ということで・・・( ̄▽ ̄;A
[PR]
by coo-yam | 2007-09-01 23:32 | カメラ

たまにはアナログで

我が家にあるカメラは、デジカメ・APSカメラ・そして携帯。
このなかで、APSカメラはデジカメを買って以来ほとんど出番がなくなってます。

f0030659_2322970.jpg


そんな、デジカメを買ってからほったらかし状態だったAPSカメラをようやくとり終え、久々に銀塩フィルム製の写真が出来上がりました。
今回は普通の写真プリントではなく、CD-Rプリントサービスを利用。
これなら、スキャニングする手間もなく、デジカメ写真と同様にパソコンで管理が出来て楽チンです (^。^)

そして出来上がった写真を改めて見てみると・・・

f0030659_052928.jpg


なんだかデジカメとは違っていい感じ。
温かみがあるというかなんというか・・・素朴な感じが結構気に入ってしまいました(^ー^)

近頃主流のデジカメは手軽に撮れて良いのですが、たまには銀塩フィルムも良いかもしれませんね。(^-^)

で・・・何を血迷ったか、実家に眠っていたこんなカメラを引っ張り出してきました・・・(汗)

f0030659_07949.jpg


「PETRI(ペトリ) V6」という、30年以上前の一眼レフカメラ。
親父が独身の頃に買ったという、つまり、自分より年上なクラシックカメラです。
30数年前のカメラなので、オートフォーカスはおろか露出設定もマニュアル。
フィルムに記載した数値を参考に、絞りやシャッタースピードを勘で設定しなければなりません。。。(汗)

カメラについてはまったくのど素人な自分・・・さてどんな写真が出来上がることやら・・・・(^-^;A

f0030659_0112924.jpg

[PR]
by coo-yam | 2007-06-23 00:48 | カメラ