<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

携帯工具の持ち歩き方

出先でパンクなどのトラブルに対応する為の携帯工具や予備チューブ。
予備チューブは「なのだ的シートポスト(改)」により、シートポスト内に納めていますが、携帯工具は収まりきれずに通勤用バックに入れて持ち歩いていました。
しかし、通勤以外でパシフィックに乗った場合、通勤用バックは持っていかないので、何かトラブルが発生した場合に困ってしまいます。
そんな小物を入れるサイクルバックとして、BD-1オプション品のビックマウス幌布バック三角バックを検討しましたが、価格やデザインが自分には納得いかず・・・・
それではと、オリジナルバックを製作しようとチャレンジしましたが、なかなかうまい事出来ませんでした(⌒~⌒;A

そこで、裁縫が趣味のヨメさんにこんなアレンジバックを作成してもらいました。
f0030659_1524554.jpg



f0030659_5275531.jpg
元々は無印良品のこちらの子供用ショルダーバック。
それを、ショルダー部分をこのように加工してもらい、ハンドルバーに取り付けるフロントバックにアレンジ。
バックルを取り付ける際は、どうやって取り付けるか知恵の輪状態に悩みました・・・(^-^;A



f0030659_5343592.jpg
中身は携帯工具の他に、サイクリングマップが丁度入ります。
サイクリングマップは、乗っている最中に取り出すものなので、フロントバックに入れたほうが便利ですね(^-^)
欠点としては、バックに防水性が無いので突然の雨に弱いことでしょうか。(⌒~⌒;A



f0030659_1342542.jpg
それと、バックの他にもう一つお願いして、こちらの工具袋も作ってもらいました。
今まで工具類はビニール袋に包んでカバンに放り込んでいたのですが、それではあまりにそっけないので、専用の入れ物を作ってもらいました。
巾着みたいなものを想像していたのですが、こんなポーチに仕上がって、いかにも工具入れっぽくてかなり満足です(^-^)

さすがに今回は刺繍はしてもらえず・・・
こっちに刺繍してもらった方が良かったなぁ~( ̄▽ ̄;A


そんな訳で、ちょっとお願いしたつもりが思わぬクリスマスプレゼントになったフロントバックと携帯工具入れ。
ヨメさんに感謝しつつ、大切に使わせてもらいたいと思います(´ー`)


<おまけ>
形にならなかった、イメージとはかなりほど遠いオリジナルバックの試作品たち・・・・汗
バック作りは結構難しい・・・(⌒~⌒;A
f0030659_14441781.jpg

[PR]
by coo-yam | 2007-12-27 12:47 | 装備品

銀座へ

先々週から今週明けにかけて、我が家に風邪が襲いかかっておりました(;+_+)
先々週の木曜には自分に襲い掛かり、復活したと思いきや月曜にヨメさんへ・・・
自転車通勤を始めて、だいぶ風邪を引きにくい体になったと思い込んでいたんですが、油断大敵ですね・・・(⌒~⌒;A

そんなこんなで先々週の水曜の話になりますが、久々に銀座に寄り道しました。
目的は、去年と同じ「当たりくじ」を買いに(笑)
今回も、ヨメさんの御父さん御母さんからの依頼です。

f0030659_1243498.jpg


銀座といえば「走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤」の、bicycle_commuterさんを思い浮かぶ自分。
「bicycle_commuterさんはいつもこんな街に通っているのか・・・」と思いつつ、ついついキョロキョロ見回してしまいます。 (^-^;A

そして、購入店はもちろん去年と同じ銀座マリオン。
げんを担いでか、特に1番と7番の窓口が人気で、自分は7番窓口で買いました。理由は1番より人が並んでいないから・・・(^-^;A

f0030659_12434998.jpg


依頼者分(御父さん、御母さん)と我が家分10枚、あわせて40枚をGet!
さて、御父さん、御母さん、我が家のうち、いったい誰が当たりくじを手にするのか・・・
そして、これで何を買おうかなぁ~( ̄ー ̄)フフフ...

f0030659_12434960.jpg



え?「去年の結果は」ですか??
もちろん当たってましたよ~、300円が・・・(汗)
[PR]
by coo-yam | 2007-12-21 12:54 | 自転車通勤

おじいちゃんのカメラ

すっかり並木通りも色づいて、通勤時の目の保養になっている今日この頃。
今年は、急に寒さが増したお陰か、去年より発色がとてもいい気がしますd(´ー`)
そんな並木通りの中でも特に綺麗に見えるのが、白山通りの銀杏並木たち。
特に、神保町から水道橋にかけての夜の風景が、繁華街の光のライトアップで鮮やかな黄色を引き立てて、なんともいえない感じの幻想的な雰囲気です。
思わずパシャリと写真を撮りたくなってしまいますね。(携帯カメラでですが・・・(^-^;A)
f0030659_16451936.jpg

(白山通りの銀杏並木@携帯カメラ)


さて、写真といえば以前紹介しかけた下のクラシックカメラ。
このカメラは、この前、ばぁちゃんの家に遊びに行ったときにペトリカメラの話をしたら、

「そういえばおじいちゃんの古いカメラがあったねぇ~」
「おばぁちゃんが持っててもしょうがないから持ってお行き、おじいしゃん多分喜ぶだろうから・・・」

と、言うことでそのまま貰ったカメラです。
じいちゃんは既に14年前に他界し、言ってみればこれは形見のカメラになりますね(´- `)

f0030659_073662.jpg


このカメラは、ミノルタ・ハイマティックという1961年製のコンパクトカメラ。
なんでも、アメリカの有人宇宙飛行計画のマーキュリー計画で、初めて宇宙船にのったカメラらしいです。
フォーカスはマニュアルですが露出はオートなので、ペトリよりは幾分か簡単かも??

そして、個人的に面白いと思ったのはそのフォーカスの合わせ方。
通常の一眼レフの場合、被写体の像がくっきりした時がフォーカスが合った状態だと分かりますが、このカメラの場合、ファインダーの中心に見えるひし形にフォーカス対象を合わせると、二重像が見えるので、それを合わせる(二重像に見えなくする)ことでフォーカスを合わせる仕組み。この方式をレンジファインダーというそうです。
当時のコンパクトカメラでは当たり前の仕掛けだったのかもしれないのですが、自分にとっては初めて見る仕掛けなので新鮮で面白いですね(^-^)

f0030659_22142843.jpg

(上がピントが合った状態、下がピントが合ってない状態)



そういえば、ばぁちゃん曰く、

「おじいちゃんが撮るとピントがボケて、まともに写ったためしがないのよ~」

なんて言ってたのですが、もしかするとこのフォーカスの合わせ方を知らなかったのかな?おじいちゃん・・・(^-^;A

そんなおじいちゃんの形見カメラですが、どうやらシャッターの故障、正確にはごちゃごちゃいじっているうちに壊してしまい、写す事ができません。
じいちゃんの形見なので、どんな写りになるか見てみたかったのですが残念です・・・
ちなみに最近ペトリカメラも調子が悪く、シャッター幕が閉まりきらない事が多々あり、おそらく何枚か失敗しているかも・・・(;+_+)

はて・・・これらクラシックカメラを修理するとしたら、一体何処へ・・・
そしていくらかかる事やら・・・( ̄~ ̄;)
[PR]
by coo-yam | 2007-12-10 22:38 | カメラ

通勤2号

先々月の事になりますが、実はある物を衝動買いをしてました(^^;)
その衝動買いの物は何かと言うと、こちら・・・

f0030659_12164563.jpg



A-Bikeです。
A-Bikeはイギリスの発明家、サー・クライブ・シンクレアが5年がかりで開発したという、重さわずか5.7キロという極小径タイヤのフォールディングバイクです。
「サー・クライブ・シンクレアって誰よ?」って感じですが、どうやらポケット電卓を発明した人とだとか・・・有名な人みたいです( ̄▽ ̄;A

その折畳み機構は巧妙で、その大きさは66cm×16cm×30cmとボストンバックほどになってしまいます。まさに、究極のフォールディングバイク??
で、大きさの比較例としてパシフィック(前輪)と並べたのが下の写真です。
その小ささ、お分かりになりますでしょうか・・・(^ー^)

f0030659_12164555.jpg


このA-bike。嫁さんの実家帰省中に、とある雑貨屋さんで発見!通常5諭吉さんぐらいの価格なのですが、ショップのうん周年記念と言う事で半額価格に( ̄○ ̄;)
気がつくと1台持ち帰ってました…(^_^;)
あまりに安いのでまがい物かと疑いましたが、正規輸入代理店である大作商事の保証証が入っていたので、間違いなく本物のようです(⌒。⌒;A
ちなみに大作商事は輸入雑貨を専門に扱う商社のようで、A-bikeもそんな関係か自転車屋より雑貨屋なんかで見かける気がしますね。
実際、池袋パルコの雑貨屋でも置いてあるのを見かけましたし・・・(゜o゜ )

さて、その走り味の実力はというと、やはり想像した通り独特の乗り味です。ホイルベースが短い上、かなりの後ろ荷重なので、坂道などでは油断するとスッテンコロリとおむすびコロリンとなる可能性大。
しかし、乗る事自体はそんなに難しくはなく、自転車に乗れる人ならおそらく誰でも普通に乗れます。
ただ、油断は禁物って事でしょうか…(^-^;)
ギア比はママチャリより少し軽めで、内装3段ギアのlowギア程度といった感じ。小さいタイヤだからといって決してこいでも進まないって事はありません(^^;)
それと、もう一つ気になった所はハンドルの動きの渋さ。6インチの極小タイヤと相まって、少々ふらふらとなりがちで、安定した走りとはいきません。
もっとも、究極の軽量化とコンパクト化を目指した自転車なので、ある程度は仕方のない事なのでしょうけど…( ̄~ ̄;)

そして、この自転車で問題なことが一つ。下の写真の米式バルブです。
6インチの極小タイヤ故、バルブがかなりついらい位置にあり、口の細いインフレータでないとエアの充填が大変。
バルブの口を手前に引き出さなければいけないのですが、下手にこじるとバルブの根元を痛めてしまう可能性があります。
実際、購入した際は既にバルブの根元が傷んでいて、クレーム対応で直してもらいました。
そのお陰で対応に一ヶ月半待たされる羽目になり、つい最近になってやっとのれるようになりましたが・・・(;= =)

そもそも、米式バルブに対応するインフレータは携帯ポンプしか持っていないので、新しいインフレータを買うか、はたまた他の方法を、現在検討中であります。

f0030659_12164549.jpg


さてさて、ついつい衝動買いしてしまったNewマシーン。この自転車を今後どう運用していくか・・・( ̄▽ ̄;A
とりあえず雨予報の通勤で、行きもしくは帰りにどうしても輪行しなくちゃいけない場合に使おうと考えてます。
大体、雨の日は行きと帰りどちらかは雨が上がっている事が多いし、パシフィックは折畳めるとはいえ、さすがに満員電車に持ち込むのは後ろめたいですからね・・・(⌒。⌒;A
あ、でもこの自転車で20キロを走破することは考えていません。この自転車の場合は、行きも帰りも途中輪行で考えてますのであしからず・・・(^-^;A

早速、昨日は雨の予報だったのでこれで出勤しましたが、そのコンパクトさは絶大で、輪行時は気兼ねなく満員電車内に持ち込めました(^-^)v
でも、やっぱりなんだか後ろめたい気分に・・・
それは、この自転車を職場内に持ち込むこと・・・なんだか、オモチャを学校に持ってきた小学生の気分、はたまた釣りバカ日誌の浜ちゃんな気分??( ̄▽ ̄;A
もっとも、通勤距離20キロを自転車通勤していること自体、職場内で浮いている気がしますがね・・・<(; ^ ー^)
[PR]
by coo-yam | 2007-12-04 21:59 | A-bike